植村和彦・榎元圭ピアノデュオリサイタル(2台ピアノ・ソロ)         2013年8月10日

終演後、ホッと一息~! お疲れ様でした!
終演後、ホッと一息~! お疲れ様でした!

福岡在住の若き男性2名によるピアノリサイタル、終了いたしました!

ご来場いただきましてありがとうございました。

 

前半だけでも約1時間近くの演奏でしたが、お客様の質が大変高く、集中して聴いて下さっているのがよくわかりました。

小学3年生の男の子も最後まで寝ることもなく(!)ちゃんと聴いて下さったとのこと、本当に嬉しく思います。

プログラムも大変よく、演奏も素晴らしかったので、「次回はもっともっと多くのお客様に聴いていただきたい!」と思うほどでした。

演奏以外にも印象に残ったことを少しだけ…。

一つの楽章が終わり次の楽章に行く時、演奏者自身が楽譜をめくったのですが、お2人のその譜めくりの所作に感心しました。まるで、譜めくりも曲の一部のような感じでした。

お2人がステージに出てこられた時の雰囲気、お辞儀をする時の感じ、演奏が終わったあとの演奏者の空気、その空気を最後の最後まで大事にし、まるで一緒に演奏をしているかのようなお客様の拍手。

お客様の拍手にも大変感動しました。
心がこもり、演奏に対する期待、演奏に対する満足感が、あの拍手にあらわれていました。

演奏者もお客様も素晴らしい演奏会なんて、それほどないのではないかと思います。

お越しいただきましたお客様の皆様に感謝の気持ちでいっぱいです!

いよいよ明後日となりました!                            2013年8月7日

福岡在住のお二人の男性ピアニストによる2台ピアノのリサイタルです。

あいれふのステージ上にピアノが2台、若き男性による演奏はきっと迫力ある演奏となるでしょう。

日頃は室内楽を好むお二人で、ソロでの演奏の機会が少ないのですが、今回はソロでの演奏もございます。きっとお二人の素敵な一面をお見せすることができることでしょう。

 

プログラムもチラシ掲載の予定曲にさらに2曲追加となりました。

 

連日酷暑が続く福岡の真夏の暑い夜、熱い演奏をどうぞお楽しみに!

2013年8月9日(金)19:00開演 18:30開場

あいれふホール (全席自由)

入場料:一般 2,000円 大学生以下 1,000円

 

チケット取扱:ヤマハ福岡店

(2013年5月3日発売開始)

  

曲目(予定):

モーツァルト:2台のピアノのためのソナタ ニ長調K.448 (375a)

 

ラフマニノフ:2台のピアノのための組曲第1番『幻想的絵画』作品5

 

ワーグナー/リスト:楽劇《トリスタンとイゾルデ》より『イゾルデの愛の死』

 

フィンジ:ピアノと弦楽のためのエクローグ 作品10(2台ピアノ版)

  詳細はこちらです。

 

室内楽を中心に活躍している福岡教育大学大学院卒業の先輩・植村和彦、同大学4年に在籍中の後輩・榎元圭、若き2人の男性ピアニストによる迫力ある2台ピアノ、いつもは表に出るより裏で支えるのを好むシャイな(?)2人が、真夏の暑い夜、熱いピアノソロも大熱演!

必聴のリサイタルです!

 

【主催】

ミュールハウゼン・コンツェルトハウス福岡

Muehlhausen Konzerthaus Fukuoka