ミクローシュ・ペレーニ   2013年8月20日以降のご予約・お申込・お問合せはこちらまで

日時:2014年3月10日(月)19時開演(18:30開場)

会場:あいれふホール (262席 全席指定)TEL:092-751-2827

http://www.kenkou-support.jp/event/index.html

〒810-0073  福岡市中央区舞鶴2-5-1 福岡市健康づくりサポートセンター10F  

 

料金:一般前売券7,500円 (当日券8,500円) 

※学生券は完売いたしました。※一般前売券が完売の場合、当日券の販売はございません。

 

お申込:エクローグ音楽事務所 ~Eclogue Music Office~

http://www.eclogue.jp      info@eclogue.jp

Tel & Fax: 0940-42-8747     Tel:090-6770-0185

2014年3月10日福岡公演の予定曲目です!           2013年6月15日

 

コダーイ/ソナティナ
ヤナーチェク/おとぎ話
フランク/チェロ・ソナタ イ長調
ドビュッシー(コチシュ編)/小組曲
ドビュッシー/チェロ・ソナタ
バルトーク/ラプソディ第1番 Sz.88  (都合により変更になる場合もございます。)      

ご子息のベンジャミンさんのピアノも本当に楽しみです!
いつもよりさらにはにかんだご様子で、嬉しそうで、にこやかなステージ上のペレーニ氏が目に浮かびます。

「17年ぶりに福岡に来て良かった。また福岡に来たい」とペレーニ氏に思っていただけるよう、お客様の皆様方とともに、ペレーニ氏をあたたかくお迎えしたいと思います!

ご予約状況2014年ミクローシュ・ペレーニチェロリサイタル福岡公演 2013年5月30日

 

日時:2014年3月10日(月)19時開演

料金:前売券 7,500円 (全席指定席)

(当日券 8,500円)

 

※学生券(3,500円)は完売いたしました!

※前売券が完売の場合、当日券の販売はございません。

 

会場:あいれふホール

福岡市中央区舞鶴2-5-1

福岡市健康づくりサポートセンター10F
http://www.kenkou-support.jp/index.html                      
                           

ご予約状況2014年ミクローシュ・ペレーニチェロリサイタル福岡公演 2013年5月28日

会場:あいれふホール

福岡市中央区舞鶴2-5-1  福岡市健康づくりサポートセンター10F
http://www.kenkou-support.jp/index.html

 

料金:前売券 7,500円 (当日券 8,500円)

※学生券(3,500円)は完売いたしました! 学生の皆様、ありがとうございました。

 

※真ん中ブロックの1列目、5列目、6列目は完売いたしました。

※前売券が完売の場合、当日券の販売はございません。

会場と料金のお知らせは、ミュールハウゼン・コンツェルトハウス福岡のHPやこのブログを通してのみのご案内にもかかわらず、たくさんの皆様にご予約いただきまして感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございます。

今月5月に九州交響楽団首席チェロ奏者に就任されたばかりの原田哲男さんによる福岡市内では初めてのソロコンサート「原田哲男チェロリサイタル」のチケットをお電話でご予約されたお客様に、残り少ないペレーニの先行ご案内チラシも同封させていただいたところ、すぐにペレーニのチケットをご予約いただいたり、先日はあるチェリストの無伴奏リサイタルを聴きに行ったところ、ひょんなことから見知らぬお客様からペレーニの名前が出てきたので、「チケットのご予約を承っております。良いお席がどんどんなくなっておりまして…」と申し上げたところ、その場で即ご予約いただき、ペレーニのチラシを1枚お渡ししました。

すると、そのあと、そのお客様のお隣に偶然座られた女性が、そのペレーニのチラシを見て、慌ててロビーに出てこられて、「すみません!あの、あの、私の隣の男性が持っていたチラシの~!」と1枚ご予約して下さいました。

この日は、ペレーニのチラシを挟み込みに行ったわけではないのですが、本当に不思議な目に見えない力を感じました。

すでにご予約済・お席が確定しているお客様には、早ければ6月21日(金)九州キリスト教会館で行われます「原田哲男チェロコンサート」の会場でチケットをお渡しできるかもしれません。詳細が決まりしだいあらためてご案内させていただきます。

良いお席はどうぞお早目に! ※チケットの送付は7月頃の予定です。

ミクローシュ・ペレーニ(2014年福岡公演)のチケットは、6月21日(金)原田哲男チェロコンサート(九州キリスト教会館4F礼拝堂)の会場でもご予約を承ります。

 

ご予約状況2014年ミクローシュ・ペレーニチェロリサイタル福岡公演 2013年5月22日

 

会場・入場料金が未定の段階から、関東以西のたくさんのファンの皆様からご予約をいただきました。 誠にありがとうございます!

まだ全てのご予約者に確認が取れておりませんが、現在確定しているお席の状況をお知らせいたします。

やはり最前列、ホール真ん中、中央ブロックの人気が高いです。

なお、学生券は早々に完売いたしました。学生の皆様、ありがとうございました!

2014年ミクローシュ・ペレーニチェロリサイタル福岡公演       2013年5月20日

 

たくさんのご予約をいただきまして誠にありがとうございます!

おかげさまで、学生券は完売となりました。今回、意外にも小学生~大学生までの方々の反応がとても早かったです。皆さん、本当によくご存知です。    

「絶対にペレーニ氏を目の前で見たい!」というファンの皆様方は、すでに最前列の真ん中ブロックをご予約され、最前列の残りは右と左ブロックのみ。2列目から5列目までの真ん中ブロックは、残り約半分となりました。                     
「見たいし、聴きたい!」というファンの皆様方は、ホールの中ほどのお席を次々にご予約され、真ん中ブロックの良いお席がだんだん残り少なくなってまいりました

会場・チケット料金掲載の新しいチラシを作らないといけないのですが、大量にチラシを配布する前に真ん中ブロックが完売になる可能性もあり、後日どこかのコンサート会場で新しいチラシをご覧になられた皆様方へ真ん中ブロックをご案内できないかもしれないのは残念ですが、それでもとても小さなホールですので、左右のブロックや一番後方のお席からでもじゅうぶんにお楽しみいただけます。まだまだ先のことと思っておりましたが、あっという間に公演の日を迎えそうです。                                                                                                                  

                                                                                     

2014年ミクローシュ・ペレーニチェロリサイタル福岡公演      2013年5月7日

~会場・チケット料金について~

 

2014年3月10日(月)19:00開演 (18:30開場)

大変お待たせいたしました。 会場と料金が決定いたしました!

 

会場:あいれふホール(福岡市中央区舞鶴2-5-1)  ※固定席262席

料金:一般 7,500円 (当日券 8,500円) 大学生以下3,500円(小学生以上)(全席指定)

チケットご予約:ミュールハウゼン・コンツェルトハウス福岡

 

【あいれふホールへのアクセス】   TEL:092-751-2827

http://www.kenkou-support.jp/event/index.html

〒810-0073  福岡市中央区舞鶴2-5-1 福岡市健康づくりサポートセンター10F   

 

・JR博多駅からお越しの場合、博多駅から福岡市営地下鉄「赤坂」駅で下車。(約7分)

・福岡空港からお越しの場合も、福岡空港から福岡市営地下鉄「赤坂」駅で下車。(約13分)

・地下鉄「赤坂」駅からホールへは、徒歩約4分です。(西鉄バスもご利用になれます。)

 

~チケット販売のご案内~

小さなホールですので、ご予約のみで販売終了になる可能性もございます。

前売り券が完売の場合、当日券の販売はございません。何卒ご了承下さいませ。

 

1. ご予約について

先にご予約を承ります。枚数、内訳(一般・学生)、ご希望のお席をご連絡下さい。

ご予約 (チケット料金のお振込みは、7月か8月以降にお願いする予定です。) 

2.  お席について

ご予約の時点で空いているお席の中で、できるだけお客様のご希望に近いお席のご案内をさせていただきお席を確定いたします

 

3.  お振込み口座などのご案内について

お席が確定されましたお客様へお振込み口座などのご案内をさせていただきます。

 

4.  チケットの送付について

公演日までかなり日数がございますので、チケット送付は7月か8月以降を予定しております。  (諸事情により多少チケット送付予定日が変更になることもございます。)

 

固定席は262席で(定員300名)、室内楽用ホールに最適の天然木材本来の豊かな味わいを生かしたシューボックス(靴箱)型ホールです。

最後列でも15列目、1列に最大で19席、演奏者にとっても聴衆の皆様にとっても大変ご満足いただけるホールです。

 

「一番最後列の端の席からでも、演奏者が良く見え、演奏も良く聴こえる」というとても贅沢な空間でのミクローシュ・ペレーニ、ベンジャミン・ペレーニの演奏をどうぞたっぷりとお楽しみ下さいませ。

 

あいれふホール http://www.kenkou-support.jp/event/index.html

〒810-0073 福岡市中央区舞鶴2-5-1 福岡市健康づくりサポートセンター10F

TEL:092-751-2827

固定席:262席 (固定席完売の場合、後方スペースに椅子をご用意する可能性もあります。)

車椅子用: 3席 (後方のスペースです)

親子室: 6名                                        

ミクローシュ・ペレーニチェロリサイタル福岡公演について      2013年4月28日

2014年3月10日(月)19:00開演 (18:30開場)

 

大変お待たせいたしました。

GW明け頃からすでにご予約いただいている皆様へお席のご案内をさせていただきます。

(指定席の予定ですので、順次お席をお選びいただきます。)

もうしばらくお待ち下さいませ。

たくさんのご予約ありがとうございました!                 2013年4月8日

 

昨日福岡銀行本店大ホールで行われたクリスティーヌ・ワレフスカチェロリサイタルの会場ロビーにて開場と同時にペレーニのご予約受付用机を置いていただいたところ、特にアナウンスもしていなかったのですが、すぐに一人の女性がお申込に来られました。その方は、プロオケの方でした!

 

その後も開演前、休憩中、終演後にお申込に来られ、約20名のご予約をいただきました。

中には学生さんが一度に5枚分も・・・。本当にありがとうございました。

またまたペレーニのご予約ありがとうございます!           2013年4月2日

 

今日は広島からご予約いただきました!

この方は、先月28日に広島から旭川まで無伴奏を聴きに行かれたそうです。

それもペレーニを知ってからわずか1週間ほどで・・・。

  

来年2014年3月10日の福岡公演は、いったいどんな雰囲気になるのでしょう。

 

福岡を中心に、九州の各地からお越しいただきたいと思っておりましたが、

九州各地から、というよりも全国各地から、ペレーニファンがわざわざ福岡まで聴きに来て下さるような勢いです! 私も来年こそは今年行けなかった旭川へ行きますよ~。

 

こうなってくると、ファンの皆様の交流の場なども設けたくなってしまいますよね。

(あっ、演奏会の会場がすでにファンの皆様が集まっていらっしゃる場所でした!)

次々にペレーニのご予約ありがとうございます! 

2013年3月26日

 

今日も遠くからご予約いただきまして本当に嬉しく思います。

 

なんと今日のご予約者は横浜にお住まいの方で、旭川の公演を聴きに行かれるそうですが、来年3月10日の福岡公演にもお越し下さるそうです!ありがとうございます!

 

全曲無伴奏の旭川公演、あ~、行きたかったです。ぜひ感想を聞かせていただきたいです!

 

会場はほぼ決まりつつあるのですが、入場料金がまだ決定していないにも関わらず、熱烈なペレーニファンの方々は日本国中にいらっしゃるんですね!

 

思い切って、というか私の中では「ただ動物的本能に導かれるがままに素直にペレーニ氏に福岡公演をお願いしてしまった・・・」というのが正直なところですが、一人でも多くのファンの皆様に喜んでいただけるのは、本当に嬉しい限りです。 

 

ご予約いただいた皆様に感謝の気持ちでいっぱいです! いろいろがんばります!

 

札幌Kitaraホール小ホール                           2013年3月23日

それはそれは、まるで別格の演奏でした。

福岡から札幌へ飛んで行き、ペレーニ氏の演奏をじっくり聴けて本当に良かったです。
次元が違うというのか、全ての音が美しく、けして潰れることはなく、音色は柔らかく。
まるで昔から受け継がれてきている技術で黙々と制作に取り組む職人のような演奏。

「この偉大なるチェリストの演奏をこれから何回聴くことができるのだろうか…。プロアマ問わずチェロを弾く方々、チェロが好きな方、クラシック音楽が好きな人にはぜひとも聴いてほしい。まだペレーニを知らない人達になんとしても知ってもらわなければ」と思うほどでした。


前半は無伴奏、後半はピアノとチェロ。
聴いていて思わず弾きたくなったショスタコーヴィチのチェロ・ソナタ二短調作品40。

超絶技巧をひけらかすような弾きぶりではなく、さりげなく、とても簡単そうに演奏されるので、聴き手に「私でも弾けるかも」と思わせてしまいます。

 

札幌キタラホール453席のチケットは完売。

もしも、福岡のあいれふホール262席で行う場合、最後列でも15列目、1列に最大で19席、きっと最高に贅沢な時間となることでしょう。             

 
福岡では、ペレーニを知る人だけへの演奏会ではなく、知らない人にも知ってもらえるような演奏会、そして福岡のみならず、九州の各県から聴きに来ていただきたいと思います。
北海道のペレーニファンの皆様方にもぜひ福岡にお越しいただきたいです!

                                      

2013年3月21日

早稲田大学交響楽団とミクローシュ・ペレーニ

昨日3月20日(水)苦手な飛行機で、福岡⇔羽田を日帰りしました。

初めて訪れたサントリーホールで、初めて聴くペレーニ氏の生演奏の前に、開演前の楽屋でペレーニ氏とお会いし、2014年3月10日福岡でのリサイタルの主催者としてご挨拶させていただきました。
招聘元の方々のおかげで、本番前の大変お忙しい時間に、わざわざお時間を取っていただき、感謝の気持ちでいっぱいです。

YouTubeでしか拝見したことがなかったペレーニ氏、楽屋で練習中にお邪魔したのですが、とてもとてもにこやかに迎えて下さいました。

私が覚えたてのハンガリー語で挨拶をしたところ、たぶん通じなかったのでしょう、ペレーニ氏はキョトン?とされていまして、すみません、余計なことをしてしまいました…。

「ハンガリー語、話せるのですか?」と聞かれ、「いえ、昨夜ちょっと書いておぼえてきただけでして…」「ああ、そうですか」という感じでペレーニ氏思わず苦笑い。

そのあと「福岡には以前行ったことがありますよ」とのご発言にビックリ!
私の聞き間違いでなければ、「17年前のストラディバリウスサミットコンサートで」と仰っていたので、今日早速いろいろ調べてみました。
おそらく1996年7月にアクロス福岡であったコンサートではないかと思われます。
どなたかこの時の情報をお持ちでしたら教えていただきたいです。

開演前の慌しい中、最後に握手して下さいましたが、それはそれはとても柔らかくてあたたかい手でした。

それから急いで会場へ戻り、早稲田大学交響楽団記念演奏会の始まりです。
ペレーニ氏は後半に登場。

よく考えたら、ペレーニ氏は、プロオケとではなく、大学のオケと共演しているのでした。
それも音大のオケではなく、一般大学のオケと。

共演できた早稲田大学交響楽団の皆様にとっては本当に貴重な経験となったことでしょう。
コンマスの男性もチェロトップの女性も大変堂々とりっぱな演奏ぶりで、一般大学のオケであることを忘れさせてくれるような演奏でした。

ペレーニ氏は、まるでCDを聴いているかのような正確な音程で、それもとても簡単そうに弾かれていて、聴いてる人や見ている人から「チェロって簡単な楽器なんだ」と思われてしまいそうです。

しかし、正確で完璧な音程にも関わらず、演奏には機械的な冷たさなど微塵もなく、あたたかくて人間味があり、思わず聴き入ってしまい、目頭が熱くなり、感動的でした。
そして、それは私一人だけではなく、サントリーホールの全聴衆が、ペレーニ氏の演奏する姿に、音楽に釘付けになっているようでした。

札幌はまだ雪が降っているとか。
明日はいよいよ生まれて初めての北海道。

飛行機が苦手な私が、飛行機で福岡から北海道にまで行くなんて、信じられません。
ペレーニ氏がいなければ、けして取らなかった行動です。     

できることなら28日の旭川にも行きたいところなのですが…。

2013年3月18日

もうすぐ聴けます!

いよいよ明後日20日は東京で早稲田大学交響楽団とペレーニの共演を聴くことができます!

日々の忙しさに追われ、まだまだ実感がないのですが、苦手な飛行機、慣れない東京、一度も行ったこともないサントリー大ホール、ちゃんとホールにたどりつけるのか、13列目ってどんなふうに見えるんだろう?聴こえるんだろう?とわからないことばかりですが、とにかく行ってまいります!

 

2013年3月14日

ミクローシュ・ペレーニ                               

来年2014年3月10日(月)に福岡で行われる「ミクローシュ・ペレーニチェロリサイタル」の先行案内チラシを先日3月12日に行われた「藤村俊介チェロリサイタル」の会場でお客様にお配りしました。(横長のチラシ!)

 

藤村俊介さんもスタッフも同じ控え室だったもので、このペレーニのチラシをご覧になられた藤村さんが、「あ、横長のチラシ!めずらしい~!これ、いただいてもいいですか?」と仰って下さったので、「どうぞどうぞ!」と差し上げました。

「藤村俊介チェロリサイタル」にお越しのお客様も会場でペレーニのお申込をして下さり、本当に嬉しい限りです。

 

会場も入場料も未定ですが、大分県からもすでに10名、福岡では約30名のご予約をいただいております。まだ1年も先のリサイタルなのですが、やはりペレーニファンは福岡のみならず大分にもいらっしゃるんですね! 九州の他の各県にも広がるといいのですが。

東京や札幌まで行くことを考えれば、九州各県から福岡への移動の方が何かと助かります。

 

ペレーニ氏と50年以上に渡り親交があるというクリスティーヌ・ワレフスカさんが昨日来日されたようですが、4月7日に福岡で行われるチェロリサイタルの会場でも「ミクローシュ・ペレーニチェロリサイタル」のご予約を承ります!

 

来週20日はペレーニ氏も早稲田大学交響楽団と共演されますし、東京でお2人の久々の再会があるのではないでしょうか。            

ミクローシュ・ペレーニ チェロリサイタル   

 

2014年3月10日(月)19:00開演 18:30開場

会場:福岡市内予定

 

会場・入場料金につきましては、2013年3月中旬に決定予定です。

 

なんと!2014年福岡公演は、ペレーニ氏の愛息・ベンジャミンさんとの親子共演です!

どんなプログラムになるのでしょうか、今から本当に楽しみです。

 

 

 

今月、生まれて初めてペレーニ氏の生演奏を聴きにまいります!

 

2013年

3月20日(水)東京

サントリーホール大ホール

 

3月22日(金)札幌Kitaraホール

 

ドキドキわくわくです。緊張しないよう、しっかり聴いてまいります。

 

いや、でも、やはり、おそらくきっと緊張することでしょう・・・。

ミクローシュ・ペレーニ チェロリサイタル                  ペレーニ氏との出会い  

2014年3月10日(月)19:00開演 18:30開場

会場:福岡市内予定 (2013年3月中旬に決定)      曲目:未定 

 

ミクローシュ・ペレーニ 

「知る人ぞ知る」現代におけるチェロの神様とも言えるハンガリーの芸術家が、いよいよ福岡へ。

 

プロのチェリストのみならず、ピアニストや他の楽器を演奏されるプロの方々からでさえも、彼を知る人々は皆「ぜひ生で演奏を聴くべき人だ!偉大なる演奏家、人間的にも素晴らしい音楽家」と大絶賛されるペレーニ氏。

 

けして大仰ではなく、真摯に黙々と演奏されるその姿は、日本人には特に受け入れられそうであるにもかかわらず、日本における知名度は氏の実力とは相反してかなり低いそうです。

「ミッシャ・マイスキーやヨーヨー・マのコンサートには、一般のお客様が大勢押しかけて、プロはあまり聴きに行かないのですが、ミクローシュ・ペレーニのコンサート会場は、プロのチェリストばかりなんですよ」 と、あるプロのチェリストが仰っていました。

 

2013年2月ベルリン・フィルとの共演、3月には早稲田大学交響楽団との共演や札幌での公演。

福岡のファンのみならず、日本各地からのお客様をお待ちしております。

 

ペレーニ氏との運命的な偶然の出会い、福岡で演奏会を行っていただけるようになった経緯につきましては、このHP内のペレーニ氏との出会い/ブログをご覧下さいませ。

 

ブログ/wisteria2330へようこそ~チェロ・ピアノ・クラシック~では、ペレーニ氏はもちろん、それ以外のいろいろなコンサートのご案内などを掲載いたしております。

動画は、メンデルスゾーンの「無言歌」です。この動画で初めてペレーニ氏と出会いました。